person t-kobayashi

MacOS Montereyへのアップグレード後の調整

calendar_today 2021年10月27日 update 2021年10月27日
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket

MacOS Montereyがリリースされ、早速MacBook Proの方だけアップグレードしました。設定が勝手に変更されている箇所があったので、私の環境で調整した内容を備忘録として、まとめたいと思います。

ファイルへのアクセス権限

ターミナルやVS Codeなどのアプリケーションにて、Documentsフォルダ内からlsコマンドを実行すると、権限不足である旨を伝える下記のようなエラーが表示されてしまう現象が発生しました。

% ls
total 0
ls: .: Operation not permitted

この現象は下記の手順で解消されました。

  1. 「システム環境設定」の「セキュリティとプライバシー」にて「プライバシー」タブを開く。
  2. 左の一覧から「フルディスクアクセス」を選択して、右のアプリケーション一覧にある「ターミナル」にチェックをいれる。または、左の一覧から「ファイルとフォルダ」を選択して、右のアプリケーション一覧にある「ターミナル」下の「"書類"フォルダ」にチェックをいれる。
  3. ターミナルを一度閉じて、再度開く。

以上で、いつもどおりlsコマンドが実行できるようになりました。VS Codeでも同様の現象が発生したので、同様の手順で解消しました。

入力ソースの設定

どういうわけか入力ソースについても、リセットされていて、入力ソースが英語から切り替えられないようになっていました。以下の手順で再設定しました。

  1. 「システム環境設定」の「キーボード」にて「入力ソース」タブを開く。
  2. 左下の「+」ボタンをクリックする。
  3. 必要な言語を選択し、入力ソースを選択して「追加」ボタンをクリックする。

以上です。

いまのところ、Montereyにアップグレードして引っかかったのはこれくらいです。しばらく利用して大きな問題がなければ、仕事用メインのiMacでもアップグレードしようと思います。

あと余談ですが、Safariのタブが以前の形に戻ってしまっていますね。わかりにくいと批判を受けていたようですが、そこまで問題があるとは感じてませんでした。確かに見やすくなったけど、古く感じますね。

関連記事

その他の記事一覧を見る

その他の質問

dosanko が2年前に投稿

質問日時 2021年07月07日

t-matsu が3年前に投稿

質問日時 2021年05月14日

takumi が3年前に投稿

質問日時 2021年05月14日

t-matsu が3年前に投稿

質問日時 2021年05月14日

search