person t-kobayashi

ローカルウェブサーバーをmacOS Big Surで設定する方法

calendar_today 2021年09月24日 update 2021年09月24日
Facebook Twitter LINE はてなブックマーク Pocket

Big SurのApacheサーバーを使って、検証する必要のある案件があったので、ユーザー固有のページを表示させるための設定について、まとめます。

Apacheの設定ファイル

下記のコマンドでapacheの設定ファイルを編集します。設定ファイルを編集する場合は、バックアップを取ることを推奨します。

# バックアップとしてコピーを取ります。(オプショナル)
sudo cp /etc/apache2/httpd.conf /etc/apache2/httpd.conf.orig

# root権限で編集します。
sudo vim /etc/apache2/httpd.conf

このhttpd.confファイルで設定を変更します。

PHPを有効にする(PHPが必要な場合)

下記の行のコメントを外します。

#LoadModule php7_module libexec/apache2/libphp7.so

個人用ウェブサイトを有効にする

下記の2行のコメントを外します。

#LoadModule userdir_module libexec/apache2/mod_userdir.so

・・・

#Include /private/etc/apache2/extra/httpd-userdir.conf

ここでファイルを保存して閉じます。

次に下記のファイルを編集します。

sudo vim /etc/apache2/extra/httpd-userdir.conf

このファイルの下記の行のコメントを外します。

#Include /private/etc/apache2/users/*.conf

ファイルを保存して閉じます。

この設定でウェブサーバーを起動すれば、ユーザーのホームディレクトリにSitesというフォルダ直下のファイルがウェブページとして表示されるようになります。テスト用にindex.htmlファイルを作成して、任意の文字列を保存しておきます。

必要に応じて、/private/etc/apache2/users/*.confファイルの内容を更新してください。基本的には下記のような記載があれば問題ありません。

<Directory /Users/*/Sites>
DirectoryIndex index.html index.php
AllowOverride All
Options All
Require all granted
</Directory>

ウェブサーバーを起動する

まず設定ファイルにエラーがないか下記のコマンドで確認します。

httpd -t
または
apachectl configtest

Syntax OKという文字列が表示されていれば合格です。

つぎのコマンドでウェブサーバーを起動します。

sudo apachectl start

ウェブサーバー起動後、任意のブラウザでlocalhost/~usernameにアクセスすると、username/Sitesフォルダにあるファイルが表示されます。index.htmlindex.phpファイルを作成していればそのファイルの内容が表示されます。

以上です。

参考サイト

https://discussions.apple.com/docs/DOC-250003138

関連記事

その他の記事一覧を見る

その他の質問

dosanko が2年前に投稿

質問日時 2021年07月07日

t-matsu が3年前に投稿

質問日時 2021年05月14日

takumi が3年前に投稿

質問日時 2021年05月14日

t-matsu が3年前に投稿

質問日時 2021年05月14日

search